Tradeviewのキャッシュバック徹底比較-キャッシュバック率や出金条件で比較

Tradeview(トレードビュー)は2004年に設立した歴史のある海外FX業者です。

35,000ドルの信託保全、非常に狭いスプレッドなど、ボーナスやキャンペーンがない代わりに、利用者が安心して取引できる環境を提供しています。

この記事では、Tradeviewの特徴とTradeviewをもっともお得に利用できるキャッシュバックサイトについて解説します。

これからTradeviewで取引を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

TradeView公式サイト

Tradeview(トレードビュー)の特徴

TradeView公式サイト

TradeView公式サイト

  • 取引ツールはMT4・MT5・cTrader・Currenexから選択可能
  • スプレッド・取引手数料安く、国内業者と遜色がない
  • 全61種類の通貨ペアに加え、CFDの取扱も多い
  • 最大取引数量・最大ポジション数は無制限
  • NDD方式を採用した完全A-Book業者
  • 禁止行為・取引制限は一切なし
  • 全口座タイプにデモ口座あり
  • 35,000ドルの信託保全あり
  • ゼロカットで追証なし
  • 公式サイトが日本語対応していない部分が多く、情報量も少ない
  • ILC口座は初回入金10万円以上と入金ハードルが高い
  • ロスカット率が100%と海外FXのなかでは高い
  • 日本語サポートの対応の評判が良くない
  • キャンペーン・ボーナスなし
Tradeview(トレードビュー)は2004年に設立した運営歴の長い歴史のある海外FX業者ですが、悪質な出金拒否の噂は一度もなく、35,000ドルの信託保全もある、信頼性の非常に高い海外FX業者です。
またNDD方式のA-Book業者、取引ツールの豊富さ、スプレッドや手数料の安さなど取引環境が非常に高く評価されています。
ボーナスやキャンペーンなどがなく、入金ハードルやロスカット率が100%など海外FXとしては高いこともあり、取引環境を重視する中級者以上のトレーダー向けの業者といえます。

キャッシュバックサイトとの相性も良く、取引条件に制限はなくスキャルピングもキャッシュバック対象となっています。

元々取引コストが安い業者ですが、キャッシュバックサイトを利用することで長所をさらに伸ばすことができます。

Tradeview(トレードビュー)でキャッシュバックを使うメリットデメリット

  • 取引制限なし、スキャルピングでもキャッシュバック発生
  • スプレッドの30%程度のキャッシュバックで実質コストを削減できる
  • 取引手数料への苦情が多く、計算よりキャッシュバックが少ない可能性がある

Tradeview(トレードビュー)でキャッシュバックを使うメリット

多くの海外FX業者では、キャッシュバックの発生に5分以上のポジション保有などの取引条件がありますが、Tradeviewでは特に取引条件はなく、スキャルピングでもキャッシュバックが発生します。

Tradeview+キャッシュバックサイトなら、ほとんど値幅が抜けなくてもスキャルピングで売買を重ねるだけでキャッシュバックを含めた利益がプラスになる可能性があります。

キャッシュバックはスタンダード口座が高いですが、スプレッド+手数料-キャッシュバックから計算できる実質スプレッドは、ECN(ILC)口座が安くなっています。

取引コストの安さで評判が良いExnessやAXIORYに勝るとも劣らない取引コストとなっています。

Tradeview(トレードビュー)でキャッシュバックを使うデメリット

Tradeviewはキャッシュバックに取引制限がなく、ボーナスやキャンペーンも開催されていないため、キャッシュバックサイトを利用するデメリットは特にありません。

ただ、タリタリ公式サイトでは取引手数料へのクレームについて注意書きがあります。

Tradeviewの取引手数料のクレーム(苦情)につきまして

MT4やMT5では、取引手数料やキャッシュバックで1USDに対して100円、1GBP、1AUD、1CADの固定レートを使用し、cTraderでは、USDJPYやGBPJPYなどでJPYではない側を基軸通貨(通常はJPYが基軸通貨)として扱い計算が行われていて、それが取引手数料やキャッシュバックに影響を与え、想定よりもキャッシュバックが少なくなる事例が発生しているようです。

上記のような事例もあるため、Tradeviewの利用に不安を感じるのであれば利用を見送ることを検討してください。

Tradeview(トレードビュー)対応のキャッシュバックサイト比較

Tradeviewは大手7社全てで取り扱いがあります。

これから1社ごとに特徴を解説していきます。

AXIORY対応キャッシュバックサイトの特徴

AXIORY対応のキャッシュバックサイト一覧表

サイト名サービス開始運営会社出金方法出金手数料対応業者数

タリタリ

taritali(タリタリ)

2015年TariTali Pte, Ltd.国内銀行送金

Bitwallet

Sticpay

海外銀行送金

無料20
プレミアムトレーディング

プレミアムトレーディング

2011年Premium Trading Services Inc.NETELLER

Skrill

WebMoney

QIWI

VISA

MasterCard

無料60
ファイナルキャッシュバック

ファイナルキャッシュバック

2011年FinalCashBack, Inc.銀行振込

Paypal

無料

(Paypal:3.6%+40円)

36

ロイヤルキャッシュバック

ロイヤルキャッシュバック

2013年FXROYALCASHBACK Inc.国内銀行送金無料16

キャッシュバックフォレックス

キャッシュバックフォレックス

2007年Clear Markets LTD銀行送金

Neteller

Paypal

Skrill

SticPay

UnionPay

無料

(銀行振込40ドル)

34
海外FXふぁんくらぶ

海外FXふぁんくらぶ

2014年吃喝玩樂有限公司国内銀行送金

Bitwallet

Sticpay

BXONE

無料12
キャッシュバックビクトリー

キャッシュバックビクトリーロゴ

2013年Cashback Victory Inc.銀行振込

Bitwallet

Neteller

無料18

 

taritali(タリタリ)

taritali公式TOP

taritali(タリタリ)は2012年に設立、2015年にキャッシュバックサービスの提供を開始した業界最高のキャッシュバック率、柔軟な出金条件、高い信頼性で人気の海外FXキャッシュバックサービスです。

タリタリはロイヤルキャッシュバックと同率で、Tradeviewの通常キャッシュバック率がもっとも高いキャッシュバックサイトです。

またタリタリでは、あらかじめスプレッドや手数料からリベートが差し引かれた低手数料口座が利用可能となっています。

リベートを直接スプレッドや手数料から引いた状態でトレードした場合は、タリタリ経由で低手数料口座の利用がおすすめです。

出金条件も業界最高で、1500円の支払最低額と4つの出金方法に加え、最低支払額以上であればいつでも出金申請ができるので、出金したいときにすぐに出金できます。

またタリタリの大きな特徴が信託保全を採用していることです。

会社情報も公式サイトに明記しており、運営歴は長くないものの数あるキャッシュバックサイトの中でももっとも信頼性の高いキャッシュバックサイトといえます。

taritaliをFX業者、口座タイプ別に一覧にしている記事はこちら

taritali(タリタリ)FXの評判-キャッシュバック率と条件-デメリットも解説
taritali(タリタリ)は2012年に設立、2015年にキャッシュバックサービスの提供を開始した業界最高のキャッシュバック率と柔軟な出金条件で人気の海外FXキャッシュバックサービスです。 また社長が日本人であったり、信託保全で顧客...

PremiumTrading(プレミアムトレーディング)

premiumtrading公式TOP

PremiumTrading(プレミアムトレーディング)は2011年にサービスを開始した、対応業者数が断トツ最多の60社の取り扱いがある海外FXキャッシュバックサイトです。

Tradeviewの利用に際して、プレミアムトレーディングよりもキャッシュバック率が高いキャッシュバックサイトが多数あるのでプレミアムトレーディングを利用するメリットはあまりありません。

マイナー業者も含め、キャッシュバックサイト1社でなるべく多くの海外FX業者に対応したい場合、業界最多の60社の取り扱いがあるプレミアムトレーディングはおすすめのキャッシュバックサイトです。

premiumtradingをFX業者、口座タイプ別に一覧にしている記事はこちら

PremiumTradingの評判-キャッシュバック率と条件-デメリットも解説
PremiumTrading(プレミアムトレーディング)は2011年にサービスを開始した海外FXキャッシュバックサイトです。 主要なキャッシュバックサイトの中で対応業者数は断トツの全60社となっていることが大きな特徴です。 この...

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)

ファイナルキャッシュバック公式TOP

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)は2011年に設立した対応業者数、利用者数が多く、運営歴も長い大手海外FXキャッシュバックサービスです。

ファイナルキャッシュバックは、Tradeviewのキャッシュバック率がCashBackForexに次いで低いです。

Tradeviewの利用に際して、他に特別に優れた点もないため、あえてTradeviewでファイナルキャッシュバックを使う必要はありません。

ファイナルキャッシュバックをFX業者、口座タイプ別に一覧にしている記事はこちら

ファイナルキャッシュバックの評判-キャッシュバック率と条件-デメリットも解説
FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)は2011年に設立した対応業者数、利用者数が多く、運営歴も長い大手海外FXキャッシュバックサービスです。 ファイナルキャッシュバックは2015年以前にもSNSでの口コミが多く、老...

FXRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)

ロイヤルキャッシュバック公式TOP

FXRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)は2013年にサービスを開始した高いキャッシュバック率と独自のキャンペーンが特徴の海外FXキャッシュバックサービスです。

Tradeviewのキャッシュバック率はタリタリと並んで業界最高となっています。

また、口座開設から最初の10lotまでの取引は、ロイヤルキャッシュバック独自のキャンペーンで1万円のキャッシュバックがもらえるため、ロイヤルキャッシュバックが断トツのキャッシュバック率となります。

タリタリのほうが出金条件が柔軟なため、メインの利用にはタリタリがおすすめですが、まずはロイヤルキャッシュバックで口座開設し、1万円の独自キャッシュバックを受け取ったあと、タリタリに乗り換えるのがもっともお得に利用できます。

記事の後半では独自キャッシュバックキャンペーンの利用方法について説明しています。

ロイヤルキャッシュバックをFX業者、口座タイプ別に一覧にしている記事はこちら

ロイヤルキャッシュバックの評判-キャッシュバック率と条件-デメリットも解説
FXRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)は2013年にサービスを開始した高いキャッシュバック率が特徴の海外FXキャッシュバックサービスです。 この記事では、ロイヤルキャッシュバックの特徴を口コミも交えつつ解説します。...

CashBackForex(キャッシュバックフォレックス)

CashBackForex公式サイト

CashBackForexはサービス開始が2007年からとなっており、大手7社の中でもっとも運営歴が長いキャッシュバックサイトです。

Tradeviewのキャッシュバックに関しては、大手7社のなかで最低となっており、CashBackForexを利用するメリットはありません

またCashBackForexは自動送金に対応した6つの出金方法を用意していますが、PayPal以外での出金には手数料がかかるため、PayPal以外で出金する場合は実質キャッシュバック率はさらに低くなります。

CashBackForexをFX業者、口座タイプ別に一覧にしている記事はこちら

CashBackForexの評判-キャッシュバック率と条件-デメリットも解説
CashBackForex(キャッシュバックフォレックス)は2007年にサービスを開始した、日本人向け海外FXキャッシュバックサービスとしてはもっとも運営歴の長いキャッシュバックサイトです。 この記事では、CashBackForexの...

CASHBACK-Victory(海外FXキャッシュバックビクトリー)

海外FXキャッシュバックビクトリー公式TOP

キャッシュバックビクトリーは2013年にサービスを開始した海外FXキャッシュバックサービスです。

キャッシュバックビクトリーのTradeviewのキャッシュバック率はタリタリやロイヤルキャッシュバックに次いで高還元となっています。

またキャッシュバックビクトリーは、ロイヤルキャッシュバック同様、独自のキャンペーンを行っています。

キャッシュバックビクトリーでは新規開設者はもちろん、既存の利用者に対するキャンペーンもあるので、口座開設時だけでなく継続利用中もキャンペーンのチャンスがあります。

ただ、ロイヤルキャッシュバックは条件を満たした場合、必ずキャンペーンのキャッシュバックがもらえますが、キャッシュバックビクトリーは抽選となっています。

必ずもらえるわけではなく、抽選が行われているかも利用者側から確認できない点は注意が必要です。

またキャッシュバックビクトリーは、独自キャンペーン以外で突出したメリットがありません。

キャッシュバックキャンペーンも必ずもらえるロイヤルキャッシュバックのほうが優れているといえるため、Tradeviewの利用時にキャッシュバックビクトリーを利用するメリットはあまりありません。

海外FXキャッシュバックビクトリーをFX業者、口座タイプ別に一覧にしている記事はこちら

キャッシュバックビクトリーの評判-キャッシュバック率と条件-デメリットも解説
CASHBACK-Victory(キャッシュバックビクトリー)は2013年にサービスを開始した海外FXキャッシュバックサービスです。 この記事では、キャッシュバックビクトリーの特徴を口コミも交えつつ解説します。 これから海外FX...

海外FXふぁんくらぶ

海外FXふぁんくらぶ公式TOP

海外FXふぁんくらぶは対応業者数が12社となっており、主なキャッシュバックサイトのなかでは対応業者数がもっとも少なくないです。

また公式サイトでは抗議していますが、他社よりも悪評が多いのが気になります。

海外FXふぁんくらぶの評判を貶めるための情報操作について

Tradeviewのキャッシュバック率は、タリタリとロイヤルキャッシュバックに次ぐキャッシュバック率になっています。

また海外FXふぁんくらぶでは、あらかじめスプレッドや手数料からリベートが差し引かれた低スプレッド口座を利用できます。

低スプレッド口座では、通常のリベート口座とリベート率などの条件面で違いはなく、リベートの受け取りや出金といった手間を省くことができ、損益計算も楽になるというメリットがあります。

キャッシュバック率、出金条件ともにtaritaliと同等となっており、業界最高レベルとなっています。

海外FXふぁんくらぶをFX業者、口座タイプ別に一覧にしている記事はこちら

海外FXふぁんくらぶの評判-キャッシュバック率と条件-デメリットも解説
海外FXふぁんくらぶは2014年にサービス提供を開始した高いキャッシュバック率と柔軟な出金条件の海外FXキャッシュバックサービスです。 社長が日本人で会社情報も明示していますが、公式サイトでも告知しているように、批判的な意見もあるよう...

キャッシュバック率で比較

Tradeview対応キャッシュバックサイトとキャッシュバック率

海外FX業者名口座タイプタリタリプレミアムトレーディングファイナルキャッシュバックロイヤルキャッシュバックキャッシュバックフォレックス海外FXふぁんくらぶキャッシュバックビクトリー
TradeviewMT4 X Leverage8.5USD$0.00なし8.5USD5USD800円$8.00
MT4 / MT5 ILC2.125USD$2.0050%2.125USDなし200円$2.00
cTrader2.125USD$2.2650%2.125USDなし2USD$2.00
Currenex2.55USDなし50%2.55USDなしなし$2.40
①Currenex口座の新規開設は停止中②低手数料口座ではスプレッド・取引手数料から減額

タリタリのみ対応の低スプレッド口座

MT4 / MT5 X Leverageスプレッドから1pips減額
MT4 / MT5 ILC取引手数料から2.5USD減額
cTrader取引手数料から2.5USD減額
Currenex取引手数料から3USD減額

 

出金条件で比較

キャッシュバックサイト7社の出金条件比較表

キャッシュバックサイト出金方法手数料最低支払額所要日数

TariTali(タリタリ)

taritali(タリタリ)

国内銀行送金

Bitwallet

Sticpay

海外銀行送金

無料1500円最短即日

(指定日に自動送金)

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)ファイナルキャッシュバック銀行振込

Paypal

無料

(Paypal:3.6%+40円)

5000円翌月25日から3営業日以内に自動送金
FXRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)ロイヤルキャッシュバック国内銀行送金無料5000円3営業日以内
海外FXキャッシュバックビクトリー銀行振込

Bitwallet

Neteller

無料5000円翌月末
海外FXふぁんくらぶ (fxfan.club)海外FXふぁんくらぶ国内銀行送金

Bitwallet

Sticpay

BXONE

無料1500円1営業日以内

CashBackForex (キャッシュバックフォレックス)

キャッシュバックフォレックス

銀行送金

Neteller

Paypal

Skrill

SticPay

UnionPay

無料

(銀行振込40ドル)

10ドル

(銀行振込200ドル)

翌月12日に自動送金
PremiumTrading(プレミアムトレーディング)プレミアムトレーディングNETELLER

Skrill

WebMoney

QIWI

VISA

MasterCard

無料5000円翌月5日から15日

 

出金条件はタリタリがもっとも優秀です。

  • 最低支払額1500円
  • 随時出金可能
  • 自動送金対応
  • 手数料無料

上記4社含む大手7社で比較した場合でも出金条件はタリタリがもっとも優れています。

海外FXふぁんくらぶはタリタリの出金条件と似ていますが、自動送金には対応していません。

多くのキャッシュバックサイトは月に1度の出金となる為、細かく出金してトレード資金に充てるなど利用目的がある場合、キャッシュバックサイトはタリタリがベストです。

Tradeview(トレードビュー)でおすすめのキャッシュバックサイトは?

  • 10lotまでの取引はロイヤルキャッシュバック
  • 10lot以降はタリタリをメインで利用する

10lotまでの取引はロイヤルキャッシュバック

ロイヤルキャッシュバックキャンペーン

ロイヤルキャッシュバックではTradeviewの口座開設後10lotの取引で、通常キャッシュバックに加え10,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施しています。

10lotまではロイヤルキャッシュバックのキャッシュバック率が断トツで良いので、まずはロイヤルキャッシュバックで10,000円のキャッシュバックを受け取るのがおすすめです。

TradeViewのWキャッシュバックキャンペーン詳細

キャンペーン適応には以下の手順が必要です。


①ユーザー登録

こちらからユーザー登録を行う。

②口座開設

ロイヤルキャッシュバックのTradeView詳細ページから口座開設を行う。

③口座認証

開設した口座の認証を行う。

④キャンペーンお申込み

キャンペーンお申込みフォームからキャンペーンお申込みを行ってください。


 

キャンペーン適応のメール通知後、入金・10lotの取引を行うと次のキャッシュバック反映日に10,000円がキャッシュバックに上乗せされ、キャンペーンキャッシュバックの受け取りが完了します。

必ずキャンペーン適応のメールを確認してから入金・取引を行ってください。

メールがない場合は迷惑メールなどを確認後、ロイヤルキャッシュバックに連絡してください。

適応完了のメールが届いていない状態で取引しても10,000円のキャッシュバックはもらえないので注意が必要です。

ロイヤルキャッシュバックで10,000円のキャッシュバックを受け取る

ロイヤルキャッシュバック公式サイトはこちら

10lot以降はタリタリをメインで利用する

10lot以降はタリタリがもっとも高還元です。

タリタリは出金拒否などがない、信頼性の高い人気海外FX業者のみを取り扱っており、対応業者のキャッシュバック率は業界最高です。

また出金条件も優れており、どのキャッシュバックサイトよりも早く、少額から出金可能です。

Tradeview含む海外FXのキャッシュバックサイトのメインにはタリタリがおすすめです。

タリタリでキャッシュバックを受け取る

taritali公式サイトはこちら

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました