人間関係・心理学 株・FX・投資

【相場心理学】バンドワゴン効果から見るイナゴ投資「株式投資は美人投票」

更新日:

スポンサーリンク

「株式投資は美人投票」というのは、イギリスの経済学者、ケインズによる言葉です。

ここで言う美人投票とは、多数の女性の中から最も美人と思う女性に投票し、全体の投票結果と投票者の投票が同じだった場合、投票者に賞金が出る、といったようなものです。

ここで重要なのは、投票者が賞金を獲得するには自分が美人と思う女性ではなく、投票者全体が誰に投票するかを当てなければならないということです。

 

株で言うと、自分の視点で見て幾ら素晴らしい銘柄であっても、大衆の目にとまらない=資金(買い)が入ってこない銘柄に投資しても利益は得られないということです。

スポンサーリンク

バンドワゴン効果とは

バンドワゴン効果

ある選択肢を多数が選択している現象が、その選択肢を選択する者をさらに増大させる効果

 

バンドワゴン効果を簡単にいうと「人気があるものはますます人気がでる」ということになります。

人は「みんなと同じがいい」「みんながやっているならやりたい」というように他の人と同じことが安心安全と考える傾向にあります。

 

安心したいからみんなと同じがいい
   ↓
人気があるものを支持する
   ↓
人気があるものがさらに人気になる

これは特に、協調性を重視する日本人に当てはまりやすいといえるでしょう。

 

また、自分だけ違う意見を言うと周りから白い目で見られたり後ろ指をさされたりするかもしれないため、それを避けるために周囲に同調しようとします。

スポンサーリンク

投資におけるバンドワゴン効果

投資におけるバンドワゴン効果の例として、名著デイトレードで記載されている内容が非常にわかりやすいです。

バンドワゴンとは、パレード等の際に使われる行列の先頭を走る楽隊車です。

デイトレードでの比喩を解釈すると、

バンドワゴンに最初に乗り込みパレードを始めた者たち→仕手筋や大口など相場を支配する層

バンドワゴンの楽し気な音楽や雰囲気→銘柄に関するツイートなど諸々の煽り

バンドワゴンに後から乗る者、バンドワゴンの後ろの行列に並んでいる者→イナゴ・個人投資家

 

このように解釈できます。

 

バンドワゴンに後からどんどん人が乗り込むと、重くなりバンドワゴンは先へ進めなくなります。

バンドワゴンを動かすためには、乗り込み過ぎた人や通路を塞いだり、次から次に乗り込もうとする行列にいる人たちをどうするのか…

つまり相場が終わった、重くなりすぎた銘柄がどうなるのか、はご存知の通りです。

 

デイトレードでのバンドワゴン効果の説明部分は非常に秀逸ですので是非、実際に読んでいただきたいです。

 

バンドワゴン効果の投資以外での例

 

人気商品・人気ドラマ

何か欲しい商品があった時、その商品の評判を調べたことはありませんか?

情報技術の発達に伴ってレビューや口コミを探しやすくなった今では、それを読んで「人気があって評判もいいから自分も買おう」と背中を押されたことがある方も多いのではないでしょうか。

また、自分が観ていないドラマを何人もの友人が話題にしていたりネットで人気があると持ちきりだったりすると「自分も観てみようかな」という気になりませんか?

 

このように、実際に良いものが売れたり人気になっているのではなく、多くの人から良いと認識されているものが売れたり人気になっていることがわかります。

行列ができる店

行列ができている店を見つけるとつい気になって並びたくなりませんか?

人がつくる行列には、より人を引き寄せる効果があるといわれており、行列を見て「こんなに人が並んでいるんだから、この店の料理はおいしいに違いない」と考えて自らも列に並ぶ傾向にあります。

 

この場合も、行列=人気があるという認識によって人から注目されるのです。

スポンサーリンク

バンドワゴン効果は私たちの身近なところでもよく見受けられます。

 

バンドワゴン効果によって自分好みの人気の商品やお店と巡り合って得をしたという場合があれば、自分の好みではない商品やお店で少し損をしたという場合もあると思います。

そのため、バンドワゴン効果が良いか悪いかは一概には言えません。

 

しかし、人気があるものを見つけて欲しくなった時に「いま自分はバンドワゴン効果によってこれが欲しくなっている可能性がある」といったん自分にブレーキをかけ、対象物のことについてよく調べて冷静に判断することが重要です。

多くの人の意見を先に取り入れるのではなく、まずは対象物がどんな特性を持っているのか、自分はそれについてどう思うのかをしっかり見極めることが大切です。

スポンサーリンク

イナゴ投資を克服するには

この記事を読んでイナゴ投資に走ってしまう理由の一端が見えたかと思います。

 

バンドワゴンの例で考えてみると、バンドワゴンは再び動き出す為に動きの妨げとなっているものを排除する→つまり調整が入るとわかります。

イナゴ投資をして失敗する要因の大きな部分として、この調整の局面を待てず、高い位置で購入してしまうというのがあるかと思います。

 

パンパンになっているバンドワゴンはいずれ多くの人を落としていくので、空いて乗りやすくなるタイミングまでは、巻き込まれないように少し離れて待ちましょう、ということですね。

 

調整、押し目を上手く拾う為の重要ポイント

【相場心理学】暴落・急落しても押し目と思い込んでしまう投資家心理~高値掴みを避けるには

スポンサーリンク 相場でも働く心理効果としてアンカリング効果というものがあります。これはタイトルのように株価が急落した時に安いと思って買ってしまう心理です。   急騰した銘柄の急落や指数トレ ...

続きを見る

【相場心理学】冷静に判断できていない時の心理~悲観主義と楽観主義

スポンサーリンク 一般的に、楽観主義と悲観主義でどちらが絶対に正しいということはなく、状況によります。 しかし、投資でも、それ以外でも、より成功を収めやすいとされる側はあります。   今回は ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

スポンサーリンク ポイント ① 一般の逆張り戦略は、当日の仕掛け数が100銘柄以上など実行不可能なほど多い時ばかり期待値が高く、少数仕掛けの時の期待値は低い。 その為、一般的な個人投資家の資金量でバッ ...

2

資金管理の簡潔なまとめ 1銘柄で5%以上のリスクは過大 1%以下の運用が基本 どれだけ資金少なくても1銘柄に投入していい資金は現金の半分以下 下がった時に倍買える余力を残す 怖いなら半分切る、半分利確 ...

3

スポンサーリンク   この記事では日々企業から開示される情報、つまり材料を選別する方法について記載します。   今回は時価総額と材料の関係、時価総額が小さい銘柄の有利な点と不利な点 ...

4

スポンサーリンク 8月に入りFOMC、雇用統計、対中関税、北朝鮮のミサイル発射など連日多くのニュースが流れ、株価は21556(8/1日経高値)から20750(8/2先物安値)まで約800円の下落、ドル ...

5

現在、逆張りストラテジーを3種類、デイトレード・需給読みのストラテジーを1つ販売しています。 一般的なストラテジーにはいくつも実運用に適していない大きな欠点があります。 以下の記事で7000文字の大ボ ...

-人間関係・心理学, 株・FX・投資
-, , ,

PAGE TOP

Copyright© Dibss , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.