本多静六の名言・経歴・書籍まとめ

他の投資家・偉人の名言を見る

バフェットなど株、FXで有名な日本・世界の投資家・偉人の名言・格言集
日本・世界の投資家・偉人の名言と経歴まとめ。目次から各人物の場所に飛べます。より詳細な情報はリンクをつけています。
スポンサーリンク

本多静六

明治から昭和にかけて学者や造園家として活躍した、日本の林学博士、造園家、株式投資家。

日本の「公園の父」といわれる。

「月給4分の1天引き貯金」を投資に回し、貧乏生活から出発して巨額の資産を築いた。

大学定年退官と同時に全財産を寄付。

本多静六 関連書籍

本多静六 名言

金というのは雪だるまのようなもので、初めはほんの小さな玉でも、その中心になる玉ができると、あとは面白いように大きくなってくる。
好景気時代には勤倹貯蓄を、不景気時代には思い切った投資を、時期を逸せず巧みに繰り返すよう私はおすすめする。
節約貯金や本業かたわらのアルバイト収入といっても、ただそれだけでは大したことにならないのである。人間一生の収入を全部積み上げてもたかが知れている。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました