ジョージ・ソロスの名言・経歴・書籍まとめ

他の投資家・偉人の名言を見る

バフェットなど株、FXで有名な日本・世界の投資家・偉人の名言・格言集
日本・世界の投資家・偉人の名言と経歴まとめ。目次から各人物の場所に飛べます。より詳細な情報はリンクをつけています。
スポンサーリンク

ジョージ・ソロス

グローバル・マクロと呼ぶ手法を中心に、大規模なヘッジファンド運用で財をなした著投資家。

冒険家としても有名なジム・ロジャーズと共に1973年から運用を開始したクォンタム・ファンドは10年間で40倍以上に価格上昇した。

ジム・ロジャーズの名言・経歴・書籍まとめ
他の投資家・偉人の名言を見る ジム・ロジャーズ ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロスと並び「世界3大投資家」と称されるジム・ロジャーズ。 ソロスと設立した「クォンタム・ファンド」は、10年で2400パーセントという驚異のリ...

1992年には当時割高とされていた英ポンドに目をつけ、100億ドルに上る大掛かりなポンド売りをしかけたことで、ポンドが急落。

英国中央銀行は利上げやポンド買い支えなどの通貨防衛策をとったが、ポンドは下げ止まらず、英国はERM(欧州為替相場メカニズム)を脱退、変動相場制への移行に追い込まれたことから、「イングランド銀行を負かした男」としてその名を世界にとどろかせた。

日米間の為替相場と通貨供給量の比率には相関があるとする「ソロスチャート」の考案者でもある。

ジョージ・ソロス関連書籍

ジョージ・ソロス名言

「市場は常に間違っている」というのは私の強い信念である。
成功するためには暇な時間が要る。両手にたっぷり余るぐらいの時間が必要だ。
私の実践的スキルを要約せよ、と求められたなら、ただひとこと「サバイバル」と答えるだろう。まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。
トレンド・イズ・フレンド
金融市場は高騰と暴落を免れないものだが、経済原理がこうした現象の可能性を否定する均衡という概念に今以て固執しているのは、誠に驚くべきことというほかない。天体の動きは神の力と天体を乗せる天球の動きによると都合のよい説明をしていたのと同じように思える。
誤謬性という語にはマイナスの響きがあるが、大いに鼓舞されるようなプラスの側面もある。不完全なものは改善することができる。われわれの理解が本来的に不完全だというわたしたちが学んで理解を改善することが可能だということを意味する。
私たちの現実理解がどこまで到達できるかという点に関して限界はない。私たちの社会は改善の余地が無限なのである。
この商売には、普通以上の規律と自信が必要だ。そして基本的には冷徹でなければならない。
あらゆる矛盾は一度極限まで行く。
金融資産は直接投資よりもさらに移動性が激しい。金融資本はどこであれ、もっとも儲かるところに移動していく。個々の国はそれを繁栄の先駆けとしてこぞって引き寄せようとする。
金融市場を支配しているのは数学ではない。市場を支配しているのは人間の心理だ。
市場参加者の価値判断は常に偏っており、支配的なバイアスは価格に影響を与える。
不確定性とは不正確な予測と、変化するかもしれないが常にバイアス(偏り)を持つ人々の予測の意図せぬ結果とのフィードバックから発生するもの。
「市場は常に間違っている」というのは私の強い信念である。市場参加者の価値判断は常に偏っており、支配的なバイアスは価格に影響を与える。私が人より優れている点は、私が間違いを認められるところです。それが私の成功の秘密なのです。
社会現象の研究は、むしろ「錬金術」と称する方が適切かもしれない。
私は市場システムが人間の取りきめた他のすべてのものと同じく、もともと欠点を抱えたものであると信じている。この信念が私の個人的哲学や、私のファンドの成功の基礎にあると言える。
奇妙に思われるかもしれないが、ビジネスと慈善事業における私の行動の大部分の基礎をなす三つの主要概念とは、「誤謬性」「相互作用性」「開かれた社会」である。このような抽象名詞は政治や金融の日常的世界とは遠くかけ離れたようなものに思われるかもしれない。
金融派生商品はきわめて多種多様で、その一部は極めて複雑であって、どのようなリスクがあるのかは、とりわけ高度な投資家でも、しっかりとは理解していないともみられる。
成功すれば、人は自分の考えに関心を示してくれるはず。
最悪の過ちは、大胆でありすぎることではなく、保守的でありすぎることだ。
私の仮説が誤りだった場合でも、私はしばしば利益を上げてから手を引くことができた。私の批判的な態度が、他の人々より早く自分の仮説の欠点を見抜かせてくれたからだ。私は(利益の)においを嗅ぎつけると、まず投資し、そのあとで調査するというルールに従った。
レバレッジを行うと、市場が予想どうり動いてくれれば抜群の業績をあげられるが、予想がはずれた時は、悲劇的結果を覚悟しなければならない。
うまく行っていない時、最初にすべきことは、投資額を減らすことだ。損失を取り返そうとしてはならない。投資を再開する時は、小額ではじめるのだ。
まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。
私が確かに人より優れている点は、私が間違いを認められるところです。それが私の成功の秘密なのです。
市場は常に弱者、つまり確固たる信念を持たない投資家を完膚なきまでに叩きのめす。
私の実践的スキルを要約せよ、と求められたなら、ただひとこと「サバイバル」と答えるだろう。まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。
当たったかどうかは問題ではない。当たったときにどれくらい儲け、外れたときにどれくらい損をするのか、それが重要なのだ。
もし投資が楽しいもので、あなたも楽しんでいるようなら、おそらくあなたはお金を稼げていないだろう。良い投資とは退屈なものだよ。
お金で買えるものは自由だ。
金融市場を支配しているのは数学ではない。市場を支配しているのは人間の心理だ。

 

 

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました