人間関係がうまくいく方法~嫉妬をエネルギーに変えて成長する

この記事では、嫉妬をプラスのエネルギーに変える方法についてご紹介します。

嫉妬したとき、どうしていますか?

どうにかして相手を陥れられないだろうか…あぁ、こんなに嫉妬する自分がいやだ…

と悩む方がいらっしゃるかもしれません。

このような悩みを解決するのが「嫉妬をプラスのエネルギーに変えること」です。

嫉妬をプラスのエネルギーに変えることによって、ご自身の心身の健康が守られるだけでなく、周りの人と良好な人間関係を築くことができるでしょう。

スポンサーリンク

嫉妬をプラスのエネルギーに変える!

嫉妬は、赤ちゃんの頃から生じる感情で、生きていく上で避けることができないと言われています。

嫉妬…自分より優れたところのある者、愛情を注がれる者をうらやんだり、妬んだりすること。

友人の能力を妬んだりライバルの成功をうらやんだりと誰もが経験があるのではないでしょうか。

しかし、嫉妬した時に気を付けなければならないのは、相手の足を引っ張る・悪口を言うなどして、相手を自分の環境に引きずりおろそうとするマイナスの行為を生んでしまうことです。

また、嫉妬を抑えられないと自己嫌悪に陥ったりします

嫉妬は自分にとっても周りの人にとってもマイナスの結果をもたらす恐れがあり、嫉妬による人間関係の悪化も考えられます。

そこで、どうしても生じてしまう嫉妬心を良い方に向かわせる必要があり、それにより人を傷つけずにすむだけでなく、自分自身の成長につなげることができるでしょう。

嫉妬が生じたら、「あの人には負けたくないから頑張る!」というようなプラスのエネルギーに変えることによって、自分自身を成長させるきっかけにしていくことが大切です。

無理やり嫉妬心を抑えつけるとストレスがたまってしまいますが、プラスのエネルギーに変えることができれば心が楽になりますし、何より自分の人生においてもプラスになります。

嫉妬した相手とのコミュニケーションの取り方は?

嫉妬した相手や張り合っている相手とのコミュニケーションは難しいですよね。

つい挑発的な発言をしてしまったり相手のちょっとした行動にカチンときたり

普段と違う言動をとってしまうこともあると思います。

しかし、これは「ネガティブ・コミュニケーション」と呼ばれており、人間関係が壊れかねません。

 

<ネガティブ・コミュニケーション>
相手が自分に悪意を持っているのではないかと疑う

次第に相手に嫌悪感を抱くようになる

相手に挑発的な言動をとるようになる

売り言葉に買い言葉で、お互いに避難し合うようになる

常に意見が対立するようになり、人間関係が悪化していく

 

自分の心身の健康や周りの人との今後の関係のためにも、「ネガティブ・コミュニケーション」を「ポジティブ・コミュニケーション」に変えていく必要があります。

 

<ポジティブ・コミュニケーション>
相手が自分に好意を持っていると信じる(好意を持っているからこそ張り合うことができ、お互いを高め合っているのだと考える)

お互いに意見を出し合う

納得できることは同意し、納得できないことはとことん話し合い妥協点を見つける

良好な人間関係を築くことができ、お互いさらに成長できる

 

嫉妬はあまり良くない感情というイメージがあるかもしれません。

しかし、考え方次第では向上心に変えることができたり相手と接する時に注意することによって良好な人間関係を築いたりすることができます

まとめ

いかがでしたか?嫉妬をプラスのエネルギーに変える方法についてご紹介しました。

◎嫉妬は、人間である以上必ず生じる感情。

◎嫉妬した時は、相手を自分の環境に引きずりおろそうとしたりせず、「あの人には負けたくないから頑張る!」というようなプラスのエネルギーに変える。

◎自分の心身の健康や周りの人との良好な人間関係のためにも、「ネガティブ・コミュニケーション」を「ポジティブ・コミュニケーション」に変えていく。

 

嫉妬した時はそれを素直に受け入れて、さらに一歩前に進んでいきましょう。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました