筋トレ・サプリ・美容

徹底比較!サプリメントの種類とおすすめ~サプリならココが最安です

投稿日:

スポンサーリンク

 

 

この記事では数あるサプリメントを比較し、サプリメントの種類とそれぞれで含有量が多く、価格も安い、もっともコスパが良い商品をご紹介します。

サプリメントというのは、基本的に海外製品のものの方が日本製のものよりも高品質(含有量が多く、効果の検証もされている)です。

 

意外ですよね。なんでも日本製が安心、高品質というイメージがあると思いますが、サプリメントに関しては全く違います。

この記事では、含有量と価格の比較も行うので違いがはっきりわかります。

スポンサーリンク

最初に結論!最強はマイプロテイン

特におすすめなのがマイプロテインです。

サプリメントの種類、味の種類が豊富で、一番シンプルなimpactホエイプロテインはなんと60種類もの味があります。

またマイプロテインのサプリメントはAmazonや楽天市場などでも購入できますが、公式サイトでは月に2度以上45%以上の割引で買えるセールがあるので圧倒的に安いです。

国内メーカーのAmazonなどでのプロテインは1キロ3000円~4000円が主流ですが、マイプロテイン公式サイトのセールなら1キロ1500円~2000円程度で購入可能です。

 

品質についても非常に溶けやすく、味はどこよりも豊富、摂取したい成分の含有量も多く、価格も安い

まさに言うことなしです。マイプロテインを知り、サプリメントを徹底的に比較してからは他ではもったいなくて買わなくなりました。

 

以下では価格面、品質面で如何にマイプロテインの製品が優れているか、他社製品と徹底比較して説明していきます。

 

サプリメントは国産より海外製が良い

アメリカでは、サプリメントに対する法律(DSHEA:ダイエタリー・サプリメント健康教育法)がありますが、日本にはありません。

 

日本ではサプリメントを[栄養補助食品]と表記し、食品として扱っており、サプリメントに関して明確な定義がありません。

 

法律によるサプリメントの定義づけがない為、品質や規格がメーカー次第で、効果・効能についても基本的に保証はないです。

 

海外では法律により情報を開示しなければならないため、メーカーは都合の悪い情報を隠すことができません。

 

その為、日本のサプリメントと違い、効果・効能が記載されており、一定の効果が見込めるようなものでないと販売できません。

 

 

日本では国産品が安心、高品質というイメージが特に食品に関しては根強くあります。

 

更に外国製品は英語やその国の言語で説明書きされている為、余計に手を出し難いですよね。

 

そういった市場環境があり、日本メーカーは高品質な海外製品に品質と価格を合わせる必要性が薄いと言えます。

スポンサーリンク

 

三大栄養素

成人の目標・目安摂取量

栄養素 男性の目標・目安 女性の目標・目安
炭水化物(%エネルギー) 50~65 50~65
タンパク質(g)

60

50
脂質(%エネルギー)

20~30

20~30
n-3系脂肪酸-リノレン酸-EPA-DHA(g) 2.1 1.6
n-6系脂肪酸リノール酸(g) 10 8
食物繊維(g) 20 18

表は成人男性・女性の凡その目標・目安量を記載しています。

 

サプリメントは通常の食生活ではなかなか必要量の摂取が難しいものを補うために利用します。

 

エネルギーや脂質、炭水化物は普通に活動できるように食事をしている場合は、十分摂取していますし、プロテインなどにも含まれています。

 

ここではタンパク質、n-3系脂肪酸、n-6系脂肪酸、食物繊維について記載していきます。

 

商品名 価格 日数 円/日 タンパク質 食物繊維 EPA(mg) DHA(mg)
オリヒロ フィッシュオイル 1282 45 28.5 0.46 0 186  124
ネイチャーメイドスーパーフィッシュオイル

1024

900 11.4 0 0 162 108
DHA+EPA5か月分 2360 360 6.6 0 0 21 90
ネイチャーメイド食物繊維240粒 627 24 26.1 0 3 0 0
イージーファーバー 833 30 27.8 0 4.2 0 0
難消化性デキストリン 864 40 21.6 0 8.2 0 0
明治ザバスホエイプロテイン 3925 25

157.0

30 0 0 0
グリコパワープロダクション3.5㎏ 7800

175

44.6 13.4 0 0 0
ウイダーマッスルフィット 3509 45 78.0 14.2 0 0 0

 

上の表では国内大手メーカーの商品やAmazonで検索して特に上位に挙がっているものをタンパク質、食物繊維、EPA・DHAでそれぞれ3つ抜粋しています。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事

1

スポンサーリンク     目次 絶対に読んで欲しい1冊万人におすすめできるテクニカル、ファンダの1冊ファンダメンタルズ~超読みやすい導入向けの書籍テクニカル~名著の中の名著「赤本」 ...

2

スポンサーリンク ポイント ① 一般の逆張り戦略は、当日の仕掛け数が100銘柄以上など実行不可能なほど多い時ばかり期待値が高く、少数仕掛けの時の期待値は低い。 その為、一般的な個人投資家の資金量でバッ ...

3

資金管理の簡潔なまとめ 1銘柄で5%以上のリスクは過大 1%以下の運用が基本 どれだけ資金少なくても1銘柄に投入していい資金は現金の半分以下 下がった時に倍買える余力を残す 怖いなら半分切る、半分利確 ...

4

スポンサーリンク 8月に入りFOMC、雇用統計、対中関税、北朝鮮のミサイル発射など連日多くのニュースが流れ、株価は21556(8/1日経高値)から20750(8/2先物安値)まで約800円の下落、ドル ...

5

現在、逆張りストラテジーを3種類、デイトレード・需給読みのストラテジーを1つ販売しています。 一般的なストラテジーにはいくつも実運用に適していない大きな欠点があります。 以下の記事で7000文字の大ボ ...

-筋トレ・サプリ・美容
-

PAGE TOP

Copyright© Dibss , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.