石井久の名言・経歴・書籍まとめ

他の投資家・偉人の名言を見る

バフェットなど株、FXで有名な日本・世界の投資家・偉人の名言・格言集
日本・世界の投資家・偉人の名言と経歴まとめ。目次から各人物の場所に飛べます。より詳細な情報はリンクをつけています。
スポンサーリンク

石井久

立花証券の父として知られ「最後の相場師」と呼ばれる。

清水一行の作品、経済小説『大物』のモデル。

平成元年の高額納税者番付2位の富豪。

「桐一葉 落ちて天下の秋を知る」:スターリン暴落・バブル崩壊を予言した。

石井久 関連書籍

石井久 名言

「「致命的かどうか」の判断と決断が経営の大きな差となって表れる。相場も同じことである。」
「どんな商売でも、創業者は人並み外れた才覚と努力で成功を勝ち取った人であり、その子供が二代続けて創業者と同等かそれ以上の資質を持っている確率は皆無に等しい。」
「一夜で大成功を成した相場師たちは何年か後には転変の波に流されていきました。それはなぜかというと「奢り」です。」
「一夜成金の一夜乞食」
「株で一発当てたという人は、悲しいかなその金の活かし方を知りません。お大尽のごとくふるまって使い果たすか、その後の勝負で敗退するかのいずれかです。」
「株で一発当てた人間は落ちるのも早い」
「株の社会は以前、「勘」と「度胸」の世界だといわれていました。明治11年に株式取引所が開設されて以来、相場師のイメージは、丁半博打的なものです。」
「株の世界には一攫千金のチャンスがあり、いろいろな伝説を作り上げた英雄豪傑も何人かいました。しかし、20年、30年の長きにわたって名を成し続けた例はありません。」
「逆境を野心に変換する」
「相場と経営は致命的かどうかの判断が重要」
「相場師のイメージは常に丁半博打」
「貧しさが私の野心、野望を培いました。たとえ学校は出なくとも、独学で己の才を磨き、いつの日か世に出てやると誓ったのです。」
二代目経営者が創業者を越える資質を持つ確率は皆無」
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました