今井雅人の名言・経歴・書籍まとめ

他の投資家・偉人の名言を見る

バフェットなど株、FXで有名な日本・世界の投資家・偉人の名言・格言集
日本・世界の投資家・偉人の名言と経歴まとめ。目次から各人物の場所に飛べます。より詳細な情報はリンクをつけています。
スポンサーリンク

今井雅人

心理学などを駆使した独自の手法で17年間1年もマイナスなく勝ちつづけた。

通称「マット今井」

グローバルインフォ株式会社代表取締役会長。

2004年までUFJ銀行の為替部門統括次長兼チーフディーラー。

株式会社マットキャピタルマネージメント代表取締役社長。

2009年衆院選に当選、民主党所属の衆議院議。

今井雅人 関連書籍

今井雅人 名言

「もうちょっと、と思う心がチャンスを逃す」のでは、まったく意味がありません。
「景気が良くなると通貨が強くなる」は場合による。
あそこで買えばもっと安く買えたとか、あそこで売ればもうちょっと高く売れたと考えると、ろくなことはありません。
エマージング通貨には覚悟を決めて投資する。エマージング通貨などに投資をすることは、非常に大きなリスクを抱えることになります。場合によっては、元本が全部なくなってしまうこともあります。
この相場は完璧に把握したなんて思ったときは、一番危ないときです。想定の範囲外のことが必ず起きます。
デイトレードのような短気売買は、気が短い人に向いているといえます。
とくに今市場を動かしている話題が、大きな材料か、小さな材料かを見極めることがとても大事です。
ポジションを取る最もいいタイミングは相場にエネルギーが溜まっているときです。
まずはその商品の内容や特徴、市場の仕組みなどのルールを覚えてから投資を始めないと、ずっと儲け続けることはできないのです。
為替は政治や経済、あるいは何かの事件などいろいろな原因で動きます。
為替相場はドルを中心に取引されているため、アメリカの指標に一番反応しますので、これを集中的に見ておけばほぼ大丈夫だと思います。
為替相場は大きく落ち込んでも戻ってくる。
為替投資ではアメリカの経済指標の中でも重要なものは限られています。
為替投資で勝ちたいならまずルールを覚える。
為替投資で成功したいなら自分なりに予測する。
為替投資の経済指標はアメリカのものを見ておけば足りる。
一見なんでもないような話が、風が吹けば桶屋が儲かる見たいな形で巡り巡って為替相場に影響することがあるので、想像力もあると鬼に金棒です。
円相場が高いときにドルを買ってしまって、その後さらに円高になってしまっても、ずっと待っていれば、また買った当時の水準に戻ってくることが期待できます。
過去のトレードで思い悩まない。
外為市場では、赤信号みんなで渡れば轢かれる。
外貨投資の場合、投資できる通貨は10種類程度に限られているので、簡単に学ぶことができるのです。
外貨投資の場合は、経済などのマクロのことを良く見ておけば十分です。
外国為替市場はアメリカの為替政策で動いている。
気の長い人は早い値動きについていくのが余り得意ではないでしょうから、じっと腰をすえてできる長期投資のほうが向いているでしょう。
金の価格と為替は逆相関関係にある。
決して天狗になってはいけません。うまく儲けたのではなく、たまたま儲かったという気持ちが大切です。
好奇心が強い人は為替投資に向いている。
好奇心が強く、さまざまなことに対してどうしてこうなるのだろう?と追求するのが好きな人は、外貨投資に向いているといえます。
高金利でもエマージング通貨である南アフリカランドなどは、景気以外の理由で金利が高い通貨です。投資をする際は慎重に取り組んだほうがいいでしょう。
国勢が安定した高金利通貨に投資する。
実は、相場がそろそろ危ないということを予想するのに、新聞記事が使えます。
新聞が外国為替を「買い」と言ったら売る。
人と同じことをしていれば心理的には楽ですが、相場はそのとおりには動きません。
人のまねをして、あるいは他人と同じ常識で相場を張っているうちはジリ貧になるだけ。
損を小さく、儲けは大きく。
短期の投機は、相場の変化を見ながら売買して儲けることが目的。
短気な人は短期投資、気長な人は長期投資。
長期投資か、短期の投機か、どちらがいいかとなると、目的にもよるし、その人の性格や環境によっても違います。
長期投資は、資産の分散をしてリスクを軽減し、長期的な収益を稼ぐことが目的。
投資では想定の範囲外のことが必ず起こる。
投資で大事なことは、損を小さくして儲けを大きくすることです。10回やって10回全部勝とうと欲張ってはいけません。
投資戦略は自分の性格やライフスタイルに合ったものを。
日本のGDP発表では為替市場はあまり動かない。
負けたときは負けを素直に認めましょう。そうすれば損が出ても諦めることもできるようになります。
目先の損得に一喜一憂する人は、外貨投資に限らず相場そのものに向いていません。投資の場合、我を忘れてしまうと冷静な判断ができず大きな失敗をしてしまいます。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました