リチャード・デニスの名言・経歴・書籍まとめ

他の投資家・偉人の名言を見る

バフェットなど株、FXで有名な日本・世界の投資家・偉人の名言・格言集
日本・世界の投資家・偉人の名言と経歴まとめ。目次から各人物の場所に飛べます。より詳細な情報はリンクをつけています。
スポンサーリンク

リチャード・デニス

ウィリアム・エックハートとトレーダー養成学校「タートル」を設立。

ウィリアム・エックハートの名言・経歴・書籍まとめ
他の投資家・偉人の名言を見る ウィリアム・エックハート リチャード・デニスとトレーダー養成学校「タートル」を設立。 「タートルズ」は驚異的なパフォーマンスを出し、4年半で1億5000万ドルの利益をあげたとされる。 ...

「タートルズ」は驚異的なパフォーマンスを出し、4年半で1億5000万ドルの利益をあげたとされる。

1995年、108%、1996年に112%の利益を上げ、”Futures and Options World Magazine”における、ファンドマネジャーランキングで4位を獲得した。

リチャード・デニス関連書籍

リチャード・デニス名言

私のトレードのルールを新聞に公表したとしても、誰もその通りにやらないだろう。
一回一回のトレードの結果がもつランダムな性格ではなく、自分が正しいことをやっているかどうかに焦点を当てなさい。自分のミスから勉強しなさい。
彼ら(ダメなトレーダー)ができないのは、どんな悪い状況でも自信を持ってトレード・ルールに従ってやることだ。
結局は何と言っても損を最小に押さえて、短期間で大儲けできる数少ないチャンスのために資金を留保するように努めるべきだ。
精神的に不安定になるような損が出た場合、フロアを離れ、家に帰って昼寝をするなり何なりして、次のトレードの決断を下すまでに少し時間をあける。
長い目で見れば(トレードで運の占める割合は)ゼロだね。
この仕事を二十年近くやっていて習得したことがあるとすれば、それは不測の事態や不可能が次々と起こるということだ。
トレードをした後、1から2週間たっても損が出ている場合、明らかに間違っている。相当な時間が経過しているにも関わらず、損益分岐点の辺りにいる場合も多分間違っているだろう。その場合、取引を縮小する。もし本当にダメだったら、あきらめて手じまう。
結局は何と言っても損を最小に押さえて、短期間で大儲けできる数少ないチャンスのために資金を留保するように努めるべきだ。
チャートは、感情に流されやすいマーケットに、極めて冷静な示唆を与えてくれる。テクニカル分析は、成功するために欠かすことはできない。
PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました