ウィリアム・エックハートの名言・経歴・書籍まとめ

他の投資家・偉人の名言を見る

バフェットなど株、FXで有名な日本・世界の投資家・偉人の名言・格言集
日本・世界の投資家・偉人の名言と経歴まとめ。目次から各人物の場所に飛べます。より詳細な情報はリンクをつけています。
スポンサーリンク

ウィリアム・エックハート

リチャード・デニスとトレーダー養成学校「タートル」を設立。

リチャード・デニスの名言・経歴・書籍まとめ
他の投資家・偉人の名言を見る リチャード・デニス ウィリアム・エックハートとトレーダー養成学校「タートル」を設立。 「タートルズ」は驚異的なパフォーマンスを出し、4年半で1億5000万ドルの利益をあげたとされる。 ...

「タートルズ」は驚異的なパフォーマンスを出し、4年半で1億5000万ドルの利益をあげたとされる。

自身も年間収益率60%を誇る「実践的数学者」

ウィリアム・エックハートの関連書籍

ウィリアム・エックハートの名言

システムに持たせる自由度は三か四程度。チャートパターンを使ったシステムは98%ぐらいは使いものにならない。似たような問題に何度も出くわしたら、そのシステムは変えるべき。押し目買いはしない。RSIやストキャスティクスなどの逆張り指標はほとんど意味がない。
トレード額の二%以上をリスクにさらしてはいけないと思うんだ。もちろん、最初に想定していた損切り値を超えてマーケットが窓を開けて始まれば、二%なんて言っていられないけどね。
まぜ負けているか分からないトレーダーは、何が間違っているか分からない限り救いようがない。何が間違っているか分かっているのであれば、僕からのアドバイスはすごく単純で、その間違っていることを止めるべきだ、ということだね。
一般に、損失はあなたを強くし、利益はあなたを弱くする。
取引上の大罪の二つは『損失に幅を与え過ぎること』それから『早々に利益を確定してしまうこと』だ。しかし、いずれも現在のポジションを成功させようとして犯してしまう罪なんだ。
重大なことは、押し目買いは取引機会自体を逃してしまったり、結局、高値で買わなければならなくなることにもなるんだ。押し目で買うのは、実際に利益を増やすというよりも、心理的満足を得るための気晴らしに過ぎないものなんだ。
生き残れる投資家は「一度のトレードの失敗が精神を不安定にしてしまい失敗を重ねてしまう」というような雪だるま現象を避ける。また、負けることの痛みを理解している。もし負けの痛みが分からなければ神経麻痺になった人と同じなんだ。
普通の知性があれば、だれでもトレーディングを学ぶことができる。トレーディングはロケット科学ではないからね。
本当に重要なのはトレードのテクニック、システム、そして一連の行動による結果を長期分配することなんだ。しかし、心理的に最も重要なのは、現在のポジションが有効かどうかなんだ。現在のポジションは、どんな統計的正当性も超えて、非常に重要なんだ。

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました